どの様な効果や内容なのか

医者と看護師

注意事項や特性について

ボトックス注射は安全で副作用のない美容整形術ですが、医療施術なので医師の指示に従う事が前提になります。ボトックス治療の薬剤であるボツリヌストキシン自体に副作用を引き起こすものはありません。しかし薬に飲み合わせがある様に、美容整形を受ける前には服用薬について医師にしっかり伝える事が必要です。身体の状態についても伝える必要があり、治療を受けている事や妊娠の有無もリスクを避ける為には重要です。事前に全て伝えていても施術日当日の体調変動はあるものです。再び施術日を調整する事を面倒くさがらず、体調不良の際は必ず医師に伝える事がリスク回避には大切です。施術を受けた後に赤みや腫れが出難い治療方法ですが、医師の助言や指導を守らないとこれらの症状が現れる事もあります。注意する行動としては飲酒やサウナ、運動と言った血流が良くなる行為です。ボトックスは細い注射針を使用するので小さな針穴はできます。施術日に血流が良くなる行為をするとそこから出血する可能性があります。またマッサージも避ける事が始動されます。マッサージをする事で注入したボツリヌストキシンが広がったりして、その希望の部位に思った効果が現れなくなる可能性があります。ボトックス治療は安全で副作用のない美容整形術です。施術内容が細い針で注射し、ボツリヌストキシンを注入するだけです。切ったり縫ったりする必要がないのでダウンタイムも起こり難い特徴があります。ボトックスの効果は様々であり、他の美容整形術にはない特徴も多いです。何よりも薬剤であるボツリヌストキシンが世界70ヵ国以上で安全が認証されており、日本でも厚生労働省が2009年に安全性を認めています。安全な治療方法なので人気ですが、人気の理由は効果の特徴にあります。ボトックスの効果期間は平均で半年程であり、以降は徐々に元に戻っていきます。美容整形の多くは1度行うと効果は永久であり元に戻せませんでした。元に戻せる事は失敗と感じても修正できる事を意味します。また永遠に変わってしまう恐れを感じる必要はなく、施術内容も相まって手軽に受けられる事が背景にあります。ボトックス治療を受けてもすぐには変わらず、徐々に日を追う毎に現れて、平均で半年程で状態は安定します。その為美容整形を受けた事が周囲にバレない特性があります。