フェイスラインを改善

注射器

作用や受ける流れ

様々な美容効果があるボトックスは、しわやたるみといったアンチエイジングになくてはならない存在になっています。アンチエイジング以外に悩みの解消もでき、顔の大きさに悩んでいる方にとっても救世主になり得る効果があります。顔が大きく見える要因には脂肪や骨格がありますが、ボトックスは筋肉が発達している事が原因の要因に作用します。要因としては咬む際に使用する咬筋の発達により、エラが張る事で顔が広く大きく見えてしまう事です。それをどの様に解消するかと言えば、筋肉を小さくして痩せさせてエラの張りを改善していきます。ボトックスの薬剤であるボツリヌストキシンは、脳から筋肉への神経伝達を遮断する効果があります。それにより筋肉の緊張は和らぎ、刺激がない筋肉は徐々に落ちていき痩せていきます。結果エラの張りの原因であった筋肉が小さくなり、すっきりした顔になるのです。徐々に筋肉を減らしていくのですが、食事や日常生活には支障は起こりません。そして注射するだけなので傷が残る事もなく、施術したその日から普段通り生活する事も可能です。ボトックス治療は病院ではなく、美容クリニックなど美容医療を受けられる機関に通う事になります。施術を受ける目的が疾病の治癒が目的ではなく、悩みを解消したりといった美容目的なので、健康保険適用外の治療になるので病院ではないのです。美容クリニックも医療機関の1つであり、受診方法は風邪で通う病院などと一緒です。ただ病院と違うのは予約が必ず必要な点です。ボトックス治療を受ける前には必ず医師とのカウンセリングが行われます。医師との面談であり、どの様な悩みかやどうなりたいか、そしてどの様な治療を行っていくか等の打ち合わせも含んでいます。必ず医師と行うので、突然窓口に行ってもカウンセリングを受けられません。事前に電話などで予約し、まずはカウンセリング日を設定します。その後カウンセリングを受けてボトックス治療に納得したら、同意書に署名します。これで受付は完了になり、後は施術日を調整するだけです。この様にボトックス治療を受ける申込み方法は簡単で、事前に電話で予約する事から始まります。施術当日はどの様な準備が必要かも、事前の面談で説明してくれますし、多くのクリニックでは書面で教えてくれます。